ゴルフ練習場の探し方のポイント・まとめ

ゴルフスクールに通ってみましょう

自分はどのスタイルなのかを把握する

ゴルフの楽しみ方やゴルフスクールに通う目的も人それぞれ違ってきます。

もし機会があったらどこかゴルフスクールに入会してみるのも良いと思います。

ゴルフスクールは、特に「まったくの初心者」と「伸び悩んでいる中級者」の方に有効です。
初心者の場合は、とにかく正しいスイングをたたき込むことができます。

昔は、限られた道具しかなく素質や才能が飛距離やスコアーに大きく影響し、その頃のレッスンプロは、理論的ではなく自分の経験でレッスンをしていた方が多かったです。
教わる生徒さんが疑問に思っていても、なかなか聞けない雰囲気がありました。
しかし、道具の進化で今は、誰でも飛距離を出すことができるようになりました。
多くのレッスンプロがスイング理論やクラブの知識を持っており、理論的に解りやすく指導してくれますので上達への近道が容易になりました。

そこでこのページでは、ゴルフを始めたいけど、どこのゴルフスクールを選んだら良いのか分からない方の為に、ゴルフスクールの選び方のポイントについて書いていきます。

ゴルフスクールに通う目的としては、本格的な「技術向上型」、月に数回、友人とゴルフスクールに通う「サークル型」、週にゴルフスクールで健康の為にゴルフをする「健康志向型」などがあると思います。
自分の運動能力や過去のスポーツ経験、性格によって合ってくるゴルフスクールは変わってきます。
どこが良いゴルフスクールなのかよりも、どこのゴルフスクールが自分に合うのか、何の目的でゴルフスクールに通うのかをしっかりと考えた上で自分に合うゴルフスクール選びを行ってください。

また独習で学んできたゴルファーも、伸び悩んだとき「きちんと体系的に見直してみたい」という気持ちになります。
ゴルフスクールのメリットは、ある程度のお金を使って、定期的にしっかりとしたレッスンを受けられることにあります。
お金を使うことが重要な理由はというと、投資したお金がもったいないからです。
入学金や会費をいったん払い込むと、簡単にはやめられなくなりサボりにくくなります。
いい意味の強制力をかけることができます。

ゴルフスクールのタイプについて

ゴルフスクールには大きく3つのタイプがあり、それぞれに特徴があります。

屋外のゴルフスクール

行きつけのドライビングレンジで所属プロが開催しているスクールなどが一般的です。
天気が良ければ、気分爽快、気分転換などにも良いと言う特徴がひとつ。
300ヤードを超える距離がある練習場から、数十ヤードの短めの距離の練習場など様々ありますが、当然ボールの行方が確認できたり、自分のだいたいの飛距離などがわかりやすくなります。

インドア(室内)のゴルフスクール

室内なので天気に左右されずに、寒さや暑さに関係なくレッスンを受けられるのが特徴。
都内に住んでいる方は、インドアの方が電車で通える場所にある事が多く、通い易いかもしれません。
またインドアならではの、最新の測定器などを利用したレッスンが多く、球筋を追うことが無いのでスイングに集中出来るのでフォームを固めるなどに適しています。

ラウンドレッスン、コースレッスン

ゴルフ場での実戦練習が中心です。
通常2~4名のプレーヤーに、1名のプロが付き添い、ホールを回っていきます。
数ホールから18ホールまでコースはいろいろ。
特徴は基本スイングはもちろん、コースの攻め方や実際の傾斜のある場所からの打ち方など、より実践的な指導を受けることが出来るのが特徴です。

ゴルフスクール選びのポイント

しっかりとしたカリキュラムがあること

その時々でアドバイスを聞くことも良いかも知れませんが、出来るだけ、なぜそのようなボールが出たのか?スイングがどのようにおかしいのか、などをしっかりとした理論に基づき、分かりやすく説明してくれる指導者が重要です。
調子の悪い時に何が原因で調子が悪いのか自分ではわからず、さらに調子を崩す原因にもなります。
また一般的には、ゴルフスクールではレッスンカリキュラムなどが用意されています。
カリキュラムがあるとレッスンの流れがしっかりと分かりますし、レッスンの予習、復習を自分一人で確認でき、上達にはとても有効です。
自分が目指しているゴールと同じゴールのカリキュラムが見つかると、早く上達できるようになります。
ゴルフスクールを探す際、カリキュラムがしっかりと組まれているかをチェックしてみて下さい。

マンツーマン制かどうか

生徒さんは少人数の方が、一人あたりの教えてもらえる時間は多くなります。
本来はマンツーマンが望ましいですが、予算によっては少人数でのコースも検討してみてください。

ゴルフスクールの場所

ゴルフスクール選びの必須ポイントとは言えませんがとても重要といえます。
ゴルフスクールでは、貸しクラブも用意されていますが、可能であれば自分のクラブで練習するのがベストです。
ゴルフクラブを持って行く事を考えると、あまりにも遠くて通うことが難しい場所だと長続きしません。
立地条件とアクセスは、ある程度考えて選ぶようにしましょう。

料金プランや時間帯

練習する時間帯やゴルフスクールの開校日など、自分のライフスタイルに合っているかどうか。

一般的には土日や夜の時間帯が混みやすく、そのような時間帯に自分が通えるか、休んだ場合の対応がどうかなどをを判断材料にしてください。
また料金面も、年会費や月会費制をはじめ、料金は各ゴルフスクールで異なります。
施設のよし悪しやスイング分析の機材などが置いてあるゴルフスクールもありますので、単にレッスン費の高い安いで決めず、ぜひ自分の目的に合ったゴルフスクールを探してください。

ゴルフ仲間と交流が持てるかどうか

プラスαの要素として、競技会やゴルフコンペ旅行といった、イベントを企画しているゴルフスクールがあります。
ゴルフ仲間を増やす事が出来たり、同じスクールの生徒同士で競い合うこともできます。
特にゴルフを始めたばかりの人は、仲間を多く作るとゴルフがより楽しくなるので、意外に重要な要素かもしれません。

体験レッスンに行ってみる

多くのゴルフスクールのパンフレットを見ても、実際にレッスンを受けてみないとわかりません。
ほとんどのゴルフスクールでは体験レッスンと呼ばれるもの、またはそのようなレッスンを受けることが可能です。
実際にゴルフスクールに通い、プロ、インストラクターから直接指導を受けることでより具体的にスクールの実態を把握することが可能です。
そうした体験時に、スクールの雰囲気やほかの生徒さん、プロ、インストラクターの説明などにじっくりと耳を傾け、また分からないことを質問して納得できれば、迷わずにそこに決めてみたらいかがでしょうか。
他人に合うレッスンが自分に合うのかどうかはわかりません。
プロの教え方が信頼できそうだと感じたら、そのゴルフスクールは、あなたにとって最適のレッスン、スクールになる可能性は高いといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です